スノーシューツアーに行くための予備知識
 
気候 〜climate〜

例年12月末頃になると雪が積もります。
冬至の頃から2月にかけてが一年でもっとも寒い時期で
最低気温が−30℃近くまで下がる日もあります。
ただ、最高気温が氷点下の日でも晴れていれば太陽の日差しで
体感温度は実際の気温より暖かく感じます。
冬期であっても雪からの照り返しもあり日差しは強いです。。
逆に、晴れていても風が吹けば体感温度はグッと下がります。
 冬期、摩周・屈斜路エリアは晴天に恵まれることが多いですが、
ひと冬に数回、大型の低気圧が通過します。
低気圧が通過すると、暴風雪による道路や峠の閉鎖で車での移動が不可能になったり、JRや飛行機などの公共の乗り物も
運休になる場合があります。
旅行の際は、余裕のある計画をお勧めします。


道東のお天気情報



服装 〜clothes〜

スノーシューツアーの服装は、マメに体温調節ができるように重ね着が基本になります。寒いからと言って、最初から厚着するのはご法度です。
スノーシューで遊んでいる時は汗をかくほど身体は温まります。
逆に休憩時は、その汗で体が急速に冷やされ寒くなります。
ツアー時は、なるべく汗をかかないように脱いだり着たりの体温調節と汗で濡れても乾きの速い化学繊維のアンダーウェアーを使用するのが好ましいです。
ジーパンなどの綿類は乾きも悪く動きにくいのでお勧めできません
アンダーウェアーそして中間着のフリースやセーター、アウターにはスキーウェアーやカッパなどの風を通しにくい、撥水性のあるものがお勧めです。
靴下は、二重履きするよりは、厚手のものを一枚履いた方が暖かいです。その他、ニット帽、手袋は必須です。
靴は、ハイカットの防寒ブーツがベストですが、お持ちでない方はご相談ください。サイズに限りはございますが
ソレルの防寒ブーツの無料レンタルがあります。

着替えや飲み物が入るリュックサックもお持ちください。





基本的装備服装(参考)

着替えや飲み物の入るリュックサック
ニット帽と手袋
セーターやフリースなどの防寒着
防寒ブーツ(無料レンタルあり)
スキーウェアーやレインウェアーなどの風を通しにくいもの


          
 


 
スノーシュー 〜snowshoe〜
スノーシューとは、雪上を歩く道具のことです。
スキーやスノーボードとは違い、特別な技術は必要とせず自由に雪の上を歩くことができます。
浮力があるので新雪の上でも沈みにくく、
カリカリやツルツルの滑りやすい雪上でも
爪が付いているため
楽に歩くことができます。

スノーシューは非常に軽量化されていますので
、装着したことによる疲労はほとんどありません。
また、着け外しも簡単なので面倒くさがりの人でも
大丈夫です。

スノーシューを着けた瞬間から目の前の雪景色が、広大な遊びのフィールドに見えてくるまさに雪上の魔法の靴といえます。

そり 〜sled〜
リバー&フィールドがスノーシューツアーに
使用するアイテムは実を言うとただのシートです。
手ごろな斜面を見つけたら、おしりの下に敷いて滑るだけ。一見チープな感じですが、これは一度味わうと止められません!!。
顔が雪面に近いので実際のスピードよりはるかにスピード感があり、パウダースノーが容赦なく顔に降りかかります。
楽しすぎて自然と顔がにやけてしまいます。
単純な遊びで、特別な技術もいりません。
また体重で雪が沈み適度にスピードが制御されるので
どこまでも滑って行く心配もありません。
遊び終わったら小さく畳んでリュックの中へしまうだけ。
おまけに軽いので余計な荷物になりません。
スノーシューが雪上の魔法の靴ならシートは雪上の
魔法のじゅうたんです。
 

セーフティールール

天候などを考慮しガイドが危険と判断した場合、コースの変更やツアーが中止になることがあります。
あらかじめご了承ください。


home