屈斜路カルデラの最高峰!いざ冬の山へ!

平地とは異なる冬山の世界。手軽に本格的な藻琴山。

 藻琴山は標高1,000mと屈斜路カルデラ外輪山の最高峰。「北海道自然100選」にも選ばれいる山です。アクセスが容易ながら、見せてくれる景色は本格的な冬山そのもの。白くなったダケカンバやナナカマド、雪でつぶれたハイマツ群、時間ごとに変化するシュカブラ(雪紋)、威厳ある姿で佇む屏風岩(写真上)。天候次第で頂上までのアタックを目指すことも可能。もちろん頂上へ行かずとも、稜線へ出れば屈斜路湖を見渡せる大パノラマが広がります。天気が良い日には、オホーツク海や斜里岳、知床連山まで見渡せます。「少し本格的に!」「冬の山を感じたい!」方にオススメです

青い空!白い世界!コンディション次第では綺麗な樹氷が見られます。
写真好きな方にもオススメ。

ツアーの概要

 標高650m付近にお車を停め、スノーシューをはいてハイクアップ。約2km、稜線に出るまで標高をあげます。ここが一番のふんばりどころ。稜線へ出ると最高の景色が目に飛び込んできます。南側を向けば屈斜路湖、北側にはオホーツク海、きっと疲れもどこかへ飛んでいくことでしょう。まずは屏風岩までは行きます。その後、頂上を目指すかどうかは天気と風、皆さんのコンディションと相談です。山中で食事もします。

山中で食事もとります。風のない日は景色の良い場所で・・・。

樹氷に覆われた世界。稜線にでるとこんな世界が見られることも。

ツアーの難易度

 冬山での終日行動となりますのでそれなりの体力と万全の装備は必要です。特に藻琴山は服装・レイヤリングが重要。登りは暑くなり(フリース1枚でもOKなくらい)稜線に出て風があたると一気に冷えます(風を防げるジャケットが必要)。・・・と言ってしまうと急にハードルが上がってしまいそうですが、基本的には自然解説を交えたのんびりトレッキング。藻琴山は冬山入門者にとってもピッタリなフィールドです。ある程度アウトドア活動に慣れている方や夏山など時々行っている方であれば、冬山やスノーシューが初めてでも大丈夫です。多少の風や雪を気にしない(むしろ楽しめる!?)ハートの持ち主の方はきっと楽しめます。

天候によるコース変更の可能性

 山なので風の影響を大きく受けます。晴れていても危険と判断したら他の半日コース(主に森の中)に振り替えになってしまうことも珍しくありません。きわどい場合「こんなコンディションですけど」と前日連絡しますので、お互い相談して決めましょう。

ツアー詳細

ツアー名
Tour titles

【1日】藻琴山スノーシュートレッキング 1DAY Mt.mokoto snowshoe trekking

期間

1月中旬〜3月中旬頃(積雪状況によります。最近は雪が少ない!涙)

時間
Suggested start times

①9:00  ※あくまで目安です。スタート時間相談可。 

所要時間
Duration

4〜5時間 ※送迎時間除く

標高差・距離
Distance

登り口標高約650m  頂上標高1,000m(頂上まで行った場合の標高差約350m)
往復約6km

定員
Capacity

4人(催行人数1人〜)
※1組のみのプライベートツアーです。

5人以上も可能ですが、他ガイドの手配が必要となります。お早めに問い合わせください。

対象

中学生以上

申込締切
Application deadline

ツアーご希望日の1週間前まで要予約  
Up to 1 week before the desired date

料金
Price

1人参加の場合 16,000円 / 人
2人参加の場合 12,000円 / 人
3人以上     10,000円 / 人

精算方法
Payment Method

・当日現金 
・その他各種キャッシュレス決済(対応範囲についてはこちら

集合解散
Meeting ・dissolution

・送迎なしの場合 ➡︎ 現地集合・解散 事前にご連絡します
・送迎ありの場合 ➡︎ 宿等にお迎え→ツアー場所へ→終了後ご指定の場所へ

送迎について

・無料
・弟子屈町内限定(各宿・JR摩周駅・JR川湯駅)
・必ず事前にご連絡ください。
・送迎時間に応じてツアー時間も調整可能です。ご相談ください。

ツアーの流れ

8:30 川湯温泉の宿にお迎え・車内にて受付・精算
8:40 川湯セイコーマートにて昼食・行動食を購入
9:00 藻琴山駐車場へ
9:10 安全説明・レクチャー
9:15 出発
11:30 山中にて食事
14:00 下山
14:30 終了 宿泊場所or駅に到着  解散
送迎ありの場合の一例です。

料金に含まれるもの
Includes

ガイド料・傷害保険料・スノーシュー・ポール・ホットドリンク

レンタル可能なもの
Rental gear

・冬用ブーツ
・レインウェア(濡れないためのシェルで、暖かさはありません)
※レンタルは無料です。サイズなど事前にお知らせください。
※数、サイズに限りがあります。ご了承ください。

ご用意いただくもの
Your belongings

暑い時脱げる。寒い時着れる。汗をかかない、冷やさない。その準備が重要です。

★必ず用意
・冬用の靴(冬用長靴可) ない場合はレンタル可 要事前連絡
・スキーウェアなどの防水用ウェア上下 (夏用の防水雨具でも可)ない場合はレンタル可 要事前連絡
・暖かい靴下(厚手のウール/綿素材の靴下は濡れると乾きにくく冷たいです)
・スキー手袋などの防水&防寒手袋
・綿素材以外の肌着上下(メリノウールなどオススメ、綿は本当に冷えますのでNG)
・フリースなどの中間着
・ダウンジャケットなど防寒着(行動中はバックパックの中へ、休憩時に着用できるように)
・ネックゲーターやバラクラバ(風がある日はコレがないと厳しいです)
・ニット帽
・バックパック(20~30リットル)
・飲み物(温かい飲み物を魔法瓶に入れるとベター。そのままだと凍ることもあります。)
・行動食 (送迎の場合、集合後に最寄りコンビニで購入可能です。)
・携帯電話

★あるとGOOD
・サングラス (晴天時ないとまともに目があけられないこともあります)
・カメラ (寒い気温下では、バッテリーが切れやすいです。予備バッテリーもあるとベター)
・日焼け止めクリームやリップクリーム (肌を紫外線などから守ります。)
・インナー手袋(薄手の手袋=細かい作業の時に素手にならなくて良い)
・ホッカイロ(足先・背中などに貼った時の安心感!)

参加条件・注意事項・備考
caution

【参加条件】
・健康に不安のある方、医師に運動を止められている方、妊娠中の方のご参加はご遠慮させていただいております。
・飲酒をされている方のご参加もご遠慮させていただきます。
・中学生以下の参加の場合、必ず保護者が同伴してください。
・ツアー中は安全のため、ガイドの指示に従って行動してください。
・気象条件により、ツアーのコース変更、ツアーを中止する場合もあります。

その他、自然の中での活動では、日常生活ではありえない様々な危険があります。しっかりとした認識を持ち、自分自身の行動に充分な責任を持って参加してください。お申し込み前に以下のページを必ずご確認ください。

ツアー予約状況

開催可能な日程のみ「募集中」と表示しています
それ以外の日程(白紙部分)はツアー実施できません。お申込み前の参考にしてください。

以下の項目をコピーして「その他質問など」欄に記入の上ご予約問い合わせください。
●道具の選択(スノーシュー ・  スキーシュー)
●レンタル道具の有無(なし ・ あり→ スノーブーツ レインウェア 数とサイズをお知らせ下さい)
●送迎の有無(なし ・ あり→ 迎え場所 送り場所)